2024年4月21日 創立47周年記念礼拝説教 ガラテヤの信徒への手紙6章1~5節 「愛をもって互いに助け合う」

ウエストミンスター日本人教会のホームページへ戻る
 

2024年4月21日 創立47周年記念礼拝説教 ガラテヤの信徒への手紙6章1~5節 「愛をもって互いに助け合う」

ウエストミンスター日本人教会のイースター記念礼拝の説教をアップロードしました。

2024年4月21日 主日礼拝説教
聖書箇所:ガラテヤの信徒への手紙6章1~5節 
説教題目:「愛をもって互いに助け合う」
説教者: 小澤寿輔 牧師
動画URL:  https://youtu.be/T9q9Pjt9QyQ 

「愛をもって互いに助け合う」説教メモ
序論:
(1) 私たちが(また教会が)霊の戦いに勝利するためには、どうすれば良いですか?


(2) 霊の導きに従って歩む者たちが結ぶ「霊の結ぶ実」には何がありますか?(9つ)


(3) それらの「霊の結ぶ実」は、何のために個人に与えられるのですか?

本論
1. 柔和な心で罪に陥った人を正しい道に立ち帰らせる(1節)
(1)今日の御言葉が教えるメインテーマは何ですか?


(2)教会の「戒規」の目的は何ですか? そこに「罰する」という意味は含まれますか?


(3)「戒規」を執行する際、決して忘れてはいけないことは何ですか?(1節)



2.互いに重荷を担う(2節)
(1)「互いに重荷を担いなさい」とは、どういう精神ですか?


(2)「キリストの律法」は、何もってすれば全うする(完全に守る)ことができますか?


3.自分を誇らない(3節~4節)
(1)過ちに陥って苦しんでいる兄弟姉妹を見て優越感に浸る人は、何を忘れていますか?


(2)なぜ人は他人と比較して自分を見てはいけないのですか?


4.めいめいが自分の重荷を担うべき(5節)
(1)「めいめいが自分の重荷を担うべき」とはどういうことですか?


適用:今日学んだ御言葉に、あなたはどのように応答しようと思いますか?


応答の祈り(自分の言葉で)