2024年5月12日 主日礼拝説教 コリントの信徒への手紙一10章1~5節「イスラエルとキリスト教会」

ウエストミンスター日本人教会のホームページへ戻る
 

2024年5月12日 主日礼拝説教 コリントの信徒への手紙一10章1~5節「イスラエルとキリスト教会」

ウエストミンスター日本人教会の主日礼拝の説教をアップロードしました。

2024年5月12日 主日礼拝説教
聖書箇所: コリントの信徒への手紙一10章1~5節 
説教題目:「イスラエルとキリスト教会」
説教者: 小澤寿輔 牧師
動画URL:  https://youtu.be/3isIMwSxNBU 

「イスラエルとキリスト教会」説教メモ
序論:
今日の聖書箇所で使徒パウロがコリント教会に勧告しようとするテーマは何ですか?

本論
1. 旧約の神の民(イスラエル)と新約のキリスト教会(1節)
(1)パウロは、コリントの信徒たちに何を「ぜひ知っておいてほしい」のですか?


(2)なぜ今日のキリスト者のまことの先祖が旧約のイスラエルの民だと言えるのですか?


(3)なぜ私たちキリスト者が旧約聖書の内容を学んでおくことが非常に大切なのですか?



2.旧約の神の民に与えられた恵みの手段(1~2節)
(1)今日の御言葉で、出エジプトの出来事の特徴を示す要素には何がありますか?
①        ②        ③       ④

(2)最初の二つ(    と    )は、今日のキリスト教会の何の予型ですか?


(3)次の二つ(    と    )は、今日のキリスト教会の何の予型ですか?


(4)これらの奇跡的出来事を通して旧約時代のイスラエルの民の命を支えておられたのはどなたですか?


3.なぜイスラエルの大部分は滅びたのか(5節)
なぜ、イスラエルの民はこれだけ大きな恩恵を受けたにも拘わらず、大部分が神の裁きを受けて滅びてしまったのですか?


適用:
(1) 洗礼と聖餐といった「恵みの外的手段」は最終的で絶対的な祝福の保証になりますか?


(2) では、なぜ「恵みの外的手段」は、私たちにとって大切なのですか?


(3) 私たちが最後まで信仰を守り通すためには、どうすれば良いと思いますか?


応答の祈り(自分の言葉で)