「CPRをやってみよう!の会」を開きました

ウエストミンスター日本人教会のホームページへ戻る
 

「CPRをやってみよう!の会」を開きました

ウエストミンスター日本人教会は、緊急時の応急処置に対応できるようにCPR(心肺蘇生法)を多くの方に知っていただきたいと願って、礼拝後に「CPRをやってみようの会」という講習会を開催しました。講師は小口ちひろ役員、協力は矢島敬朗兄でした。

プログラムは以下の通りです。

開会祈祷:小口ちひろ姉

以下のYouTube動画を見て、実践しました。



1.CPRトレーニングボトルプロジェクト
https://cpr-training-bottle.com/

2.心臓突然死とは (2:26のビデオ)
https://www.youtube.com/watch?v=nnvsdT4bGng

3.CPR(心肺蘇生法)とAEDの一連の流れ (2:05のビデオ)
https://www.youtube.com/watch?v=OUCF6xm4mxg



4.実技編 ペットボトルでできる胸骨圧迫訓練(11:26のビデオ)
https://www.youtube.com/watch?v=dL_A_HDpx3E
このビデオを見ながら、CPRの実技練習



5.実際のAEDの説明(2:49のビデオ)
https://www.youtube.com/watch?v=HG9Ndi0HELY...

6.大人の人がChokingしたときに(43秒のビデオ)
https://www.youtube.com/watch?v=06WXCWDaJps
実際やってみましょう

7.子供がChokingしたときに(10:13のビデオ、見るのは6:41から)
https://www.youtube.com/watch?v=QtqLAS5rgGQ
ひきつけを起こした時の対処方法(口頭のみ)

終わりのお祈り:小澤牧師

今回は全員で14人が参加しました。とても貴重なことを学べて、一同感謝しています。教会活動中に突然倒れる人がいたとしても、これだけ多くの人が心肺蘇生法を知っていれば、救命率も上がるものと信じます。

なるべく多くの教会がこのような講習会を開かれることをお勧めします。