2024年6月2日 主日礼拝説教 コリントの信徒への手紙一10章6~13節 「試練と神の真実」

ウエストミンスター日本人教会のホームページへ戻る
 

2024年6月2日 主日礼拝説教 コリントの信徒への手紙一10章6~13節 「試練と神の真実」

ウエストミンスター日本人教会の礼拝説教の動画をアップしました。 今回は、説教の途中から始まっています。

2024年6月2日 主日礼拝説教
聖書箇所: コリントの信徒への手紙一10章6~13節 
説教題目:「試練と神の真実」
説教者: 小澤寿輔 牧師
動画URL:  https://youtu.be/EhcXfRN92PE 

「試練と神の真実」説教メモ
序論:
(1) 今日の聖書箇所で使徒パウロがコリント教会に勧告しようとするテーマは何ですか?

本論
1.私たちを戒める実例(6節)
(1)なぜ私たちキリスト者が旧約聖書の内容を学んでおくことが非常に大切なのですか?


(2)なぜパウロはコリントの信徒たちにイスラエルの民の悪い前例を示したのですか?


2.イスラエルが滅ぼされた4つの原因(7~11節)
(1)第一の原因「      」(出エジプト記32章6節)
この旧約聖書箇所を引用したことの興味深い点は何ですか?(二つ)(7節)
  ①

  ②

(2)第二の原因「       」(民数記25章1~9節)は何を教えていますか? (8節)


(3)第三の原因「       」(民数記21章4~9節)は何を教えていますか? (9節)


(4)第四の原因「         」(民数記16章)は何を教えていますか? (10節)


(5)パウロは、私たちがどうなることを願って4つの原因を教えましたか?(11節)


3.倒れないように気を付けなさい(12節)
(1)パウロの12節の警告には、どのような意味が込められていますか?


4.耐えられない試練はない(13節)
(1)パウロの13節の励ましには二つの面があります。それぞれ何ですか?


(2)パウロの二つの励ましの言葉の根底には、どのような事実が流れていますか?


(3)このパウロの励ましの言葉によって、あなたはどのような希望を見出しましたか?


応答の祈り(自分の言葉で)