2024年7月7日 主日礼拝説教 コリントの信徒への手紙一10章23~29節 「他人の利益を追い求めなさい」

ウエストミンスター日本人教会のホームページへ戻る
 

2024年7月7日 主日礼拝説教 コリントの信徒への手紙一10章23~29節 「他人の利益を追い求めなさい」

ウエストミンスター日本人教会の主日礼拝説教をアップロードしました。

2024年7月7日 主日礼拝説教
聖書箇所: コリントの信徒への手紙一10章23~29節 
説教題目:「他人の利益を追い求めなさい」
説教者: 小澤寿輔 牧師
動画URL:  https://youtu.be/8ML7zwsflUI 

「他人の利益を追い求めなさい」説教メモ
序論:
(1) 今日の聖書箇所の構造は、どのようになっていますか?
① 23~24節:
② 25~26節:
③ 27節~:

本論
1.一般原則(23~24節)
(1)「すべてのことが許されている」とはどういう意味ですか?

(2)何によって私たちキリスト者は自由が与えられたのですか?

(3)キリスト者は何の目的のために自由が与えられているのですか?

(4)そのキリストの御思いと御業を知るならば、与えられた自由を放縦のために用いることはできますか?

(5)では、与えられた自由は何のために用いられるべきですか?

(6)その模範はどなたですか?

2.市場で売られているもの(25~26節)
(1)パウロが「市場で売っているものは、いちいち詮索せず、何でも食べなさい」とキリスト者に言うのはなぜですか?

3.不信者の食事招待・異教徒との付き合い(27節)
(1) キリスト者が異教徒の人の家の食事に招待された場合、その招きに応じて良いですか?

(2) そこで出されるものは、いちいち詮索せず、何でも食べても良いですか?

(3) それはなぜですか?

4.他人の良心のために(28~33節)
(1) もし誰かがあなたがたに「これは偶像に供えられた肉です」と言う場合は食べはいけないのはなぜですか?

(2)「自分の自由」と「他の人への配慮」が対立しないのはなぜですか?


適用
あなたは、キリストから与えられた自由をどのように用いようと思いますか?


応答の祈り(自分の言葉で)